尾花正明

                                                
 
 

「政華」彩の国ネットワークニュース

バックナンバー

【県議会報告】No.2 通算第23号


尾花正明 県議会“初陣”の報告

「ひと輝く街に」

 秋とは申しながらも、残暑の厳しい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
 多様化したライフスタイルが進む中、国民の声を聞かずして、中央政界では一部の政治家・組織により二大政党化の流れが強まっておりました。しかしながら最近の世論調査の結果でも「支持政党なし」という方が増え、政治離れ現象がよりすすんでおります。県会議員として感慨をあらたにしたことは、やはり「原点に立ち返って、政治活動を展開していくことが、私に投じていただいた一票一票の重みに応えることだ。」ということでした。
 政党会派にこだわらず、市民派、市民党として草の根運動を目標に向かってたゆまず続けていくことが、私の政治活動の"原点"であります。初めて県議選に挑戦したのは十年前でした。将来的に政治目標を実現するために党派に所属する可能性はあり得るとしても、私はこの原点を忘れることはありません。
 カンけりして日が暮れなずむまで遊びまわった街、いつも誰かが見守ってくれているような気がした露路。私たちを優しく包み育ててくれた、この故郷・上尾の発展のために働くことができるのだと思うと胸の高鳴りをきんじ得ません。
 土屋県政をしっかり支え、県と市のパイプ役となって、故郷・上尾を人に優しいパワーある街、人が輝く街にしていきたいと念願しています。
 高度情報化社会が進展する中で、広域行政をどうしていくのか、高齢化社会に対する高福祉社会への対処は、教育問題は、産業の育成は、と課題はたくさんあります。私はひとつひとつの課題に真摯に取り組んでいく所存です。そのことが、私を県議会に送っていただいた市民の皆さまの負託に応える唯一の道であると考えています。
 今回は、知事選挙の関係で6月定例県議会が8月迄開催されておりましたため、当選後直ちに県議会に臨むチャンスを得ましたのでご報告をさせていただきます。
 今後とも、なお一層のご支援、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。


県民相談コーナー
H8.6.23よりの県民相談受理数

高齢者福祉 4
交通問題 3
住宅・土地 2
建築・下水道 8
防災 2
税金問題 6
教育関係 12
国際交流 1
環境問題 4
道路改修 2
地域コミュニティー 3
その他 -
合計 47

戻 る

 
 




 

おばなまさあき