尾花正明

                                                
 
 

「政華」彩の国ネットワークニュース

バックナンバー

【市政報告】No.3 通算第19号


 常日頃よリ、尾花正明のふるさとづくりにお力添えをいただき心よりお札申し上げます。
 依然として不透明感を深めている経済状況でめりますが、この様な景気低迷下でも「マチづくり」の課題は山積みしておリ、「ムダ・ムリ・ムラ」をなくす必要性を自覚しております。新年度の上尾市歳人も税収面で減収が予測されておリますが、3月度の市議会で五度目の一般質間の機会をいただき、不況下での住民サービスに関して市側の考え方をお聞きいたしました。
 市議会へお送りいただいて任期四年の折り返し点を経過いたしましたが、原点である「知らんぷりよりみんなの勇気」をモットーに市民草の根をより一層すすめてゆく所存であります。


3月定例議会での一般質問

景気低迷下でのマチづくりのコンセプトについて

●行財政改革への取り組み
①平成6年度早々に、リストラを目ざした「上尾市行政改革推進本部」の再開を約束。
新聞報道を中心に市の対応を質問
②6日午前1時ごろ、上尾市水道部に「上尾市領家工業団地内の路上に水あふれている」との通報があった。
 市役所や水道部には住民の苦情電話が殺到。水道部では職員6人が対応にあたったが、防災無線の利用は「該当項
 目がない」(同部)として見送られ、住民への対応に課題を残した。(読売新聞/H6・2・7)
 市側の答弁として、今回の対応に陳謝。防災無線の有効活用を約束させる。

河川氾濫防止としての芝川改修(5番町)を特別委員として視察

●地方分権と広域行政
③自治体間の公共施設相互利用が約束される。
 You And I(与野・大宮・浦和・上尾・伊奈)での図書
 館相互利用が開始される見込み(6月頃)
政令指定都市への取り組み
④政令都市問題についての資料を市民に提供の約束
 (希望者)
⑤市町村合併に住民発議の可能性を説明。


お気軽にご相談下さい

 2月22日、臨時市議会で、任期後半の所属委員会が決定されました。尾花正明は1年生議員ながら諸先輩方の後推挙により、総務常任委員会の副委員長に就任致しました。
 総務常任委員会は上尾市の歳入(収入金)に関するもの全てを審議する重要な委員会です。

H4.1.1よりの市民相談受理数

高齢者福祉 14
交通問題 6
住宅・土地 29
建築・下水道 9
防災 14
税金問題 44
教育関係 8
国際交流 4
環境問題 22
道路改修 11
地域コミュニティー 8
その他 13
合計 182件

 

戻 る

 
 




 

おばなまさあき