尾花正明

                                                
 
 

「政華」彩の国ネットワークニュース

バックナンバー

政華バックナンバーNo11


21世紀のまちづくりに
      多くの期待を受けて、今スタート


 11月24日告示された上尾市議会議員選挙は、定数36議席に対し、立候補者36名という事で、午後5時に締切られ、1958年の市制施行以来初めて無投票当選という結果となりました。

 一人では何もできない。しかし一人が始めなければ何も始まらないとの決意をもって5年前より、草の根運動として「知らんぷりよりみんなの勇気」とのスローガンの下、皆様と共に勝利の日を目指してきた尾花正明の本意からすると、市民の方々の政治参加の機全が一つ少なくなったのは残念でありますが、後援会各位、特に今回「尾花正明を育てる委員会」にご賛同を戴いた方々のご尽力により、いよいよ地方政界への第一歩を記すことができました。私達後援会全員一丸となって、より一層尾花正明を支援し、おおいにふるさとづくりの為に、尾花正明を駆使してゆこうではありませんか。


207都市中141位の上尾市を住みやすさNo.1の都市へ

新聞に人口10万人以上の都市アメニティ度(簡単に訳すと、住みやすさ)調査が発表になっておりました。上尾市は141位という事です。
私は住みやすさNo.1のまちづくりに挑戦します。

市民パワーで挑戦!

無所属 尾花正明 (40才)

明治大学政経学部卒業・上尾市仲町一-五-七
〇(社)上尾青年会議所第25代理事長
○上尾市野球連盟理事
〇五市町少年サッカー指導者協議会相談役
○上尾市社会福祉協議会理事

☆21世紀のまちづくりのために
○上尾・浦和・大宮・与野・伊奈の合併による政令都市づくり
○情報公開条例オンブズマン制度導入
○都市公園・子供公園増設

☆おとしよりと子供達のために
○3才児以下の医療費軽減化
○老人家庭奉仕員の増員
○35人学級実現、のびのび教育

☆おとうさんとおかあさんのために
○パート退職金制度の確立
○母子・高令者に対応した市営住宅の推進
○高崎線高架化と二階建て通勤電車の実現

☆かけがえのない地球環境のために
○緑・自然を生かした街づくり
○雨水の再利用施設建設
○ゴミの減量、リサイクル化

☆うるおいのある安心して暮らせるまちのために
○電柱の地下埋設、歩車道分離による安心して歩いてゆけるまちづくり
○公共下水道100%の推進
○図書館・美術館・歴史資料館等、文化・スポーツ施設拡充

戻 る

 
 




 

おばなまさあき